FC2ブログ
HOME   »  アトピー性皮膚炎  »  第823回 手の甲のガサガサ対策はビタミンC

第823回 手の甲のガサガサ対策はビタミンC

 寒くて乾燥した日が続いています。インフルエンザは勤務校で拡大中。いよいよ本番です。規則正しい生活、ビタミンC、きちんとした食事、うがい、手洗いの励行が必要ですね。

 私の場合、冬場の乾燥は手の荒れに直結します。両手の甲がガサガサになり、年齢的にもそうなのですが、いわゆるおじいさんのような手になってしまいます。

 しょうがないので必要に応じて風呂上がりに白色ワセリンを塗って寝ていますが、深夜にカサカサが増して、痒みを覚えて起きると言うこともあります。その時はとりあえずムヒを塗って誤魔化して寝てしまいますが、安眠を妨げられますのでやはり不快です。

 予防のためには白色ワセリン以外に、ヒルドイドクリームなんてのもあります。症状がひどい場合は使うこともありますが、ちょっと臭いが独特なので、手の甲にはあまり使いません。

 よく使うのは足のかかと。ここも冬場は寒さと乾燥で皮膚が硬くなり、場合によってはひび割れ状態になります。靴を履こうとするだけでこすれて痛いときがありますので、その場合は使うようにしています。しかしこれもその時は楽になりますが、数日経つと元に戻ります。

 皮膚の上から塗っても対処療法にしかならないなと感じていますので、これはやはりビタミンCの摂取が一番だろうと判断し、ミカン等の果物を多めに食べるようにはしています。

 確かに1日数個食べることを継続できれば、多少症状は改善するみたいです。しかし食べるのをやめるとすぐにまたカサカサになってきます。この辺りの感度?はひじょうに鋭敏で、自分の皮膚が食べ物や外部環境によって勝手に反応することがよく分かります。

 ちなみに大根おろしにもビタミンCが豊富に含まれているようなので、このところ家庭菜園でとれたものを数日おきに食べています。そのせいか症状は少し改善。

 大根ですが、今年は寒さが厳しいせいか生育がバラバラですね。良く育ったものと、まったくだめなものの差が激しいです。スーパーに行くと、きちんと形と長さが揃ったものが売られていて、畑の大根がとれる前はちょっと買ってみましたが、やはり路地植の不細工な大根の方が味は抜群にいいです。

 第一包丁の入り方が違いますね。さくっと入って、切り口から大根の汁がふわ~っと出てきます。熟れた大根になると、包丁を入れた瞬間に「パシッ」と音がして、スイカのようなひび割れが生じることもあります。

 大根おろしにすると、それこそ水分が豊富で、大根の水の中におろしたものが浮いているような状態になります。 いかにもビタミンCが豊富という感じなので、食べるときは汁まで飲むようにしています。胃の調子もいいみたいです。

 今年のように寒いときは、大根も格別美味しく感じられます。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。