第828回 神経性急性胃腸炎?

 今日は朝の4時ぐらいから息子が起き出して、ガサゴソやっていたのですが、何をやっているんだろうと思いつつ、眠気に負けて、結局起きたのは6時。息子は寝ていました。

 朝食の用意をしていると息子が起きてきて、吐き気がして朝から数回吐いた、と言います。しかもを測ったら8度以上あり、頭痛やめまいも感じるというのでびっくり。

 いつもの診療所は9時半開始なので、それまで待とうかとも思いましたが、すぐ近くに中規模の夜間診療も行っている病院があるので、そこへ電話をして診察を依頼。

 7時に病院到着。ところが夜間の救急診療をお願いしているのに、突然救急車で運び込まれた急患が出たようで、結局病院のソファーで1時間待ち。

 なんだか不条理だなと思いつつもじっと待っていると、8時過ぎになってようやく診療開始。文句の一つも言いたくなりましたが、表れた医師の雰囲気は、ほぼ徹夜で診療をこなし、ようやく急患の処置が終わったという雰囲気だったので、これで文句を言うのは申し訳ないと感じ、素直に診察を受けました。

 症状を聞いて、発熱と吐き気だとすると、インフルエンザか急性胃腸炎だろうという診断でしたが、念のためと言うことで胃のレントゲン、インフルエンザの検査、血液検査さらには吐いて脱水症状があるだとうとのことで点滴を2時間。

 検査結果ですが、インフルエンザは陰性。私は当初ノロウイルスを疑ったのですが、下痢症状がなければ違うだろうという話でした。

 となると急性胃炎ということになりますが、渡された処方箋には胃腸薬のラックビーと解熱剤のカロナール(必要に応じて)というものが書かれていました。

 原因ですが、一つはセンター試験を受験したという緊張で胃が荒れていたということ。本人は緊張しなかったと言っていましたが、まあそのように言わないと格好が付かないと言うこともあると思います。

 後は食事ですね。昨日の昼食はマックだったらしく、必要以上に疑うつもりはありませんが、野菜高騰の折、レタス等の鮮度がどうだったかなと不安は感じます。

 また昨日の夕食も気になります。おかずは私の手作りオムレツですが、中に入れたのは家庭菜園のホーレンソーと信州ハムが作っているウインナでした。

 もしかするとウインナの賞味期限だったかなと言う感じもします。ちょっとオーバーしていましたが、火を通せば大丈夫かなと思っていました。ただ私も同じものを食べていますが症状は出ていないので、これだけが原因とは思われず、やはりストレスによる胃炎が一番大きいだろうなと思っています。

 というわけで朝っぱらか何かと忙しく、バタバタとしていますが、急性胃炎という判断なら胃が落ち着くまで胃腸薬等を飲んで見守るしかありません。今は寝ています。
 
 しかしこの時期の夜間診療は見るからに大変そうでした。我々が待合室にいるときも、救急車が2台滑り込んできて、それ以外に夜間診療を待つ人が3組ぐらいいました。

 さらに8時ぐらいになると、一般の外来患者さんが次々と押し寄せ、150人ぐらい座れるソファーがあっと言う間に満杯状態。我が家が帰るときは、会計の場所がごった返していて、本当に病気を心配している人が多いんだなと改めて感じました。

 長寿国になったとは言いますが、その質が問題だろうなとつくづく思います。

関連記事


 

Pagetop

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
192位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。