FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第834回 社会保障費は29兆円

第834回 社会保障費は29兆円

 阿部政権は29日に13年度の予算案を決定しました。概要は各種の記事でコメントが出されていると思いますが、基本的には公共投資や防衛費と言った項目の予算を増額し、生活保護や年金、さらに地方公務員の給料削減と、人に直接関わるような予算は減っています。

 借金まみれの財政ですから、ある意味どこかが負担しなければならないのはしょうがないと思いますし、またこういった自民党の体質は、選挙前から予想できたはずなのに、自民党を選んでしまったのは一般の国民ですから、今は黙って従うしかないなと思っています。

 ただ新聞記事を読んでいて気になったのは、先ず第一に収入面です。ともかく税収と国債等の発行額がほぼ同額であることにただただびっくりです。

 ではどうしてこんな予算案になってしまったのか、いったいどんなことにお金が使われているのか、ということを見てみると、なんと社会保障費が29兆円だそうで、予算案の3分の1ぐらいになっています。

 さらにこの使途について見てみると、年金関係が10.6兆、医療関係も10.6兆、介護関係2.5兆、福祉等が5.5兆となっています。

 この内、国や国民一人一人の努力によって減らすことが出来るのは医療関係だと思います。つまり簡単に言えば国民全員が健康体で医者にかからなければ、このお金は相当減るのではないかということです。

 今50代以上の人たちは自身の健康のために、様々な努力を惜しまずやるようになっています。一方それに便乗するかのように、各種の健康食品、サプリメントの売り上げが伸びているようです。

 新聞を拡げると、毎日さまざまな健康に関する商品の広告が、紙面の下の方に掲載されています。中には全面広告も見かけます。さらにテレビを見ていると、コマーシャルの半分ぐらいはこういった商品の紹介のようにも思えてしまいます。

 しかし何回も書いているように、健康維持の秘訣は、ストレス解消、食事、運動、睡眠、規則正しい生活が基本になるのだと思っています。

 不況が続く中で、そんな規則正しい生活なんか出来るわけがない、と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、健康を害してから後悔しても遅いです。

 個人的には、様々な健康被害があると明らかになっているタバコの販売を出来るだけ自粛し、健康被害の報道をもっと行い、さらに愛煙家の皆さんには怒られるかもしれませんが、価格をもっと上げた方がよいと思っています。

 一人一人の医療費が減れば、国の予算が潤い(支出が減り)、もっと違った使い道で景気を良くすることが出来るはずです。

 東日本大震災の復興予算の時にも感じたことですが、国民一人が年間で1000円、医療費を減らすことが出来れば3割負担で考えると国の医療費は2000円×1億人=2000億円減ります。

 医者に行くなと言うわけではありません。自分たち自身で健康維持に努め、健康な体を作ることが出来れば、国家的な規模で予算が減るということです。 自身の健康と共に、国の財政の健康状態も考えなくてはいけないなと感じています。 
 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。