FC2ブログ
HOME   »  ★健康維持  »  第835回 脈拍で分かる適度な運動の程度

第835回 脈拍で分かる適度な運動の程度

 健康な生活を送るためには適度な運動が必要、と誰もが言いますが、では適度な運動とはどのような運動で、何を目安にして適度とするのか、よく考えると結構曖昧です。

 そこで何か適度な運動の指標になるものはないかとネットで調べてみたところ、意外に簡単に分かりました。何かというと心拍数です。運動をすれば心拍数が上がるのは当たり前ですが、この心拍数が適度に多い状態が良い、と言う判断です。

 では「適度に多い状態」とはいったどのぐらいかというと、ちゃんと数学のような公式があるんですね。驚きです。その式は

(220-(年齢))×(0.6~0.9) だそうです。最後の0.6~0.9というのは、普段から運動をしている人は0.9、あまり運動をしていない人は0.6を選ぶんだそうですが、私の場合は仮に、ちょっと運動をしていると思ったので0.7を選ぶことにしました。

 そうやってこの式に数値を代入すると(220-60)×0.7=112という結果です。ということは、何か運動をして脈拍を測定したら110前後なら、それは私にとって適度な運動になるということです。

 というわけで、今日は天気も良く風もほとんどなかったので、先ほどいつもの散歩コースを、野鳥を見るために時々立ち止まりながら、途中は早足で歩き、ほぼ10分ごとに脈拍を測定してみました。

 結果は110~115で、思った通りちょっと早めのウォーキングは私にとって「適度な運動」であることがよく分かりました。

 距離的には4km弱だと思いますが。これを鳥達を見ないで頑張って歩くと約40分。今日のように速めに歩いたり、途中鳥を見るために立ち止まったりすると45分~1時間ぐらいかかります。

 帰ってきて、今は心地よい足の疲れを感じています。暖かかったせいか、今日は飛び回っている鳥も多く、久しぶりにデジカメを持っていって良かったなとおもえる散歩になりました。

 ちなみにウォーキングにはカメラかラジオ、さらに文庫本を持って読みながら歩くこともあります。今日は鳥が多くいましたが、それと同時に野鳥撮影カメラマンもいつもより多かったです。

 というわけで私が持っているカメラはズームが12倍しかないので、美しい野鳥の撮影とまではいきませんが、以下のような写真を撮ってきました。鳥は「シメ」だと思います。 

シメ

 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。