FC2ブログ
HOME   »  アレルギー、花粉、喘息  »  第843回 アレルギー疾患患者数減少を願って

第843回 アレルギー疾患患者数減少を願って

 昨日の記述を読み返してみて、誠意を持って野菜等を生産されている方や、そういった野菜を仕入れる努力をしているスーパー等で働く方、更にはファミリーレストランで食材に神経を使っている方が読んだら不快な印象を持つかなと思えました。もしそう思われた方がいらっしゃいましたらお許し下さい。

 記事の主旨は円安で、海外から輸入される食料品の中に、コストをさげるために粗悪なものが混じるのではないかという不安を感じたので書いたもので、日本のようにある程度規制がしっかりしている野菜についてのコメントではありません。

 ただし円安云々は別にしても、日本でも微量とはいえ、農薬や化学肥料を使って野菜が作られていることは間違いないと思いますので、アレルギー体質でアトピーや喘息で苦しんできた人間からすると、少しでもそういった化学物質が含まれていない食品を選ぼうと思うのは当然だという気もします。

 何が原因かは特定できませんが、アレルギー体質、アレルギー性鼻炎、花粉症、ぜんそく、アトピーという症状を呈する患者さんの数が増えていることは間違いないと思います。

 今ネットでアレルギーの患者数で調べてみたところ、アレルギー疾患対策というPDFファイルが見つかり、それを見ながらこれを書いています。ここに出ているグラフや数値を見ると、アレルギー疾患が増えていることは明白です。

 一方喘息等による死亡率は減少していますから、これは医学の進歩に寄るところが大きいと思います。

 私自身3歳ぐらいから喘息がひどくなり、夜中に発作を起こし、医師の往診をお願いしたり、父親におんぶされて医院に行き治療を受けたことを覚えていますが、当時は発作を抑える有効な手段もあまりなく、唯一「ネオフィリン」だったと思いますが、これを飲んで数時間発作を抑えるのがやっとだったと思います。

 その後小学校に入学したものの、発作がひどく、結局2ヶ月ほど登校後長欠児童となりました。このころに、自分は虚弱体質であり、長くは生きられないということを子供心に覚悟したように思います。

 しかし小学校高学年になった頃、喘息の噴霧式治療薬である「メジヘラ」という薬が開発され、これによって急激な発作が劇的に改善するようになり、徐々に欠席が減っていきました。

 その後思春期を迎えると共に、気管支の粘膜が荒れるという喘息発作は徐々に治まり、代わりに皮膚が荒れるというアトピー性皮膚炎に移行。アレルギーの治療は大変だということを身をもって体験しています。

 喘息もアトピーも結局なかなか完治せず、今でも悩まされていますが、それでも当時の状況に較べるとずいぶん良くなったと思います。

 その原因はもちろん新しい薬や治療法が開発されて事もありますが、40代ぐらいから食べ物に神経を使うようになったと言うことが一番大きな原因ではないかと私は思っています。(もしかすると年齢とともに過剰な免疫反応が低下したのかな、とも思えます)

 その意味でも、良質の食べ物を摂ろうというという意識が強く働いています。自宅近くで家庭菜園を行い、無農薬で野菜をつくっているのはそういった意識の影響が大きいです。

 時には雑草の中に野菜が見える、というような状態になっていますが、そういった環境でたくましく育った野菜のおいしさは格別です。
関連記事
Comment
ありがとうございます。
 丁寧に教えてくださりありがとうございます。

医師に風呂は毎回せっけんをつけないよう言われているようで、うちにお泊まりした時もそうしていました。
特にふけは見た目が悪いのでかわいそうです。

痒みと痛みは、本当に辛すぎますね。

私も花粉症ですが、誰かに 高齢になると治ると言われ 歳はとりたくないが、花粉症が治るならそれもいいかもと変な期待があります。
Re: 頭皮のアトピーについて
 高校か大学生の頃、アトピーがひどくて、頭が痒かったことがありました。これはきっと洗髪が
下手くそなんだろうと思いシャンプーを変えてみたら、余計ひどくなった痛い思い出があります。
私の肌では既成のシャンプーを手軽に使うと、かえって肌が荒れるんだなということがよく分かりました。

 また普通に体を石鹸で洗っても、一時期は痒くなりました。どちらも同じ原理だと思うのですが
皮膚表面の油脂分がすべて洗剤で洗い流されて、ただでも薄い皮膚表面の油脂層が剥がれてしまうだと
判断。アトピーのひどい時期は、入浴しても石鹸等は一切使いませんでした。
 
 頭髪に関しては、少し高級そうでナチュラル系のものを使うと、多少症状が軽減された記憶があります。
というわけで何がよいのかということはアドバイスできないのですが、先ず使用量を減らすのが一番だと
思います。床屋さんに行っても、今は絶対に洗髪はしません。カットだけです。

 現在使っているのはシャンプーとリンスの混合したもので(分けて使うとまた皮膚への刺激が多く
なると思うので)海藻系の成分が入っているものを使っています。多少良いみたいです。
「海のうるおい藻」というものです。

 子供さんの場合、痒いと我慢できないと思います。私もそうです。チョコレート等を食べ過ぎると
ひどくなるような気もしています。まったくやっかいな病気?です。(病気ではなく、異物を
排出しようとする正常反応だという気もしています)
頭皮のアトピーについて
 いつも参考にさせてもらってます。
マイタイさんは頭皮のアトピーになったことが 有りますか?
いわゆる頭皮乾燥し、痒くなり、頭皮をかき、ふけになるという困った症状です。
シャンプーも、敏感性乾皮症用を使っているようですが、なかなか改善されず、可哀そうな子がいるので伺ってみました。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。