FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第849回 独り者の男性の寿命は、通常より短くなる?

第849回 独り者の男性の寿命は、通常より短くなる?

 4月からは年金暮らしになることがほぼ決定し、後は息子の受験結果待ちという状態です。その結果によって、息子は自宅で浪人、自宅から大学へ通学、家を出てアパート生活、という三つの選択肢が予想でき、どれになるかは2月の終わり頃まで分かりません。

 それはそれでいいのですが、今後大学を卒業し、就職し結婚と言うことになれば、さらにめでたいことですが、一方の私は今住んでいる家に一人取り残されることになります。

 それがいったい心理的にどんな作用を及ぼして、私はどんな行動を取るのか徐々に気になってきました。まだ先のこととはいえ、時々ふと考えてしまいます。

 我が家の近所にもいくつかアパートがあって、そこで明らかに一人暮らしをしていると思われるおばあさんが何人かいますが、そういえば一人暮らしをしているようなおじいさんの姿は見ないなあと感じるようになりました。

 男性の一人暮らしというのは、男性の方が寿命が短いことから当たり前のようにも思われますが、そもそも夫婦で生活している場合と、男性が一人で生活している場合では、もしかしたら平均寿命も違うのではないかと気がつき、早速調べてみました。

 しかし資料を見つけるのが難しいですね。ようやく見つけた資料にはこんな風に書いてありました。

 男性の場合、40歳時点で結婚生活をしているかどうかでその後の平均余命が変わる、という面白い統計結果です。(女性の場合もあります)

 結果は
未婚:30歳
結婚:39歳
死別:35歳
離別:29歳

 だそうで、なんと10年もの開きがありびっくりです。私の場合死別に相当するのかなと思えますので75歳という結果でしょうか。

 もちろん個々の事情もあるでしょうし、子どもと同居している期間みたいなものも大きな影響があるのではと思えますが、結果としてなんとなく推定できるのは、夫婦で過ごした方が寿命は長くなりそうだということです。

 要するに喧嘩もするけど、それが互いのストレス解消にもなり、どちらかが窮地に陥ったとき助け合えるという支え合いがあり、さらに辛いときのよりどころみたいなものがあるのかなと思えます。

 ちなみに女性の場合は
未婚:37歳
結婚:45歳
死別:43歳
離別:40歳

でその差は8年。やはり女性の方がたくましいと言うことでしょうか。男性の方が一人暮らしに弱いと言うことでしょうか。

 健康な生活を送るためにパートナーの必要性は大きいと言うことだと思います。
 
関連記事
Comment
初めまして
シニアiwami様

 残念ながら?独身世帯は分が悪いようです。それを克服するには、やはり生きがいかなと思えるので新しく記事を書きました。

 今後ともよろしくお願いいたします。
夫婦で過ごした方が寿命は長いのですね。男性が離別した場合、早く死ぬというのはなんとなくわかるような気がします。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。