FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第851回 企業の内部留保は国民の健康に影響

第851回 企業の内部留保は国民の健康に影響

 グアム島で悲惨な事件が起き、昨日はロシアで隕石が落下。例え健康に生きていたとしても世の中何が起きるか分からないなと思えます。グアム島で事件に遭われて亡くなった方のご冥福をお祈りしたいと思います。

 さて、今日買い物ついでにラジオを聞いていたら、阿部総理が財界に対して、利益の出た企業は極力給料を上げるようにと言う要請を行ったというニュースが紹介され、昨今の企業は儲けが出てもそれを内部留保としてため込むだけで給料に反映していないから、手取り賃金がどんどん落ち込んでいるという解説をしていました。

 このことは前回の衆議院選で、共産党が解説していた内容とまったく同じだなと感じたのですが、どうも昨今の企業は来たるべく大不況?に備えているのか、それともどこまでため込んでも安心できないのか、利益が出ても配当や社員に還元されていないように思えます。

 ニュースの解説でも言っていましたが、この10年で下落した物価はたかだか3%ぐらいなのに、給料は10%も落ちている。だから若い人たちの暮らしが良くならず、先の展望も見えないため、どうしても買い控えの傾向が強まる。

 結果的に買い控えるから物価がじわりと下がる。下がると儲けが出ないから企業は焦って更に人件費を削る。これの繰り返しで、そんな生活で日本の人口が増えるとは到底思えません。

 なんか経済論議でこのブログと関係ない内容かと思われる方もいるかもしれませんが、手取りがどんどん減る中で、デジタルテレビの購入やアイフォンダなんだという購買意欲をかき立てるようなコマーシャルはふんだんに流れますから、勢い削られるのは食費かなと感じます。

 食費が削られて、肉食からある意味健全な野菜食に移行できればいいのですが、たまにスーパーに行くと分かりますが、今や野菜も凄く高いです。 そして安いものは農薬等に不安が残るようなものだったりします。

 輸入肉の方がはるかに安いのではとすら思えます。魚も高いです。刺身なんか我が家は滅多に買わなくなりました。目刺しや干物です。

 我が家の場合は自炊ですからそれでもまだ家庭菜園の野菜等を使って何とかバランスの良い食事になるように努力していますが、お金がない、食費を削る、昼食代は300円以内、というように考えていくと、勢い牛丼や立ち食いソバ、コンビニのおにぎり、ラーメン屋さんでラーメンセット等々、かなり片寄った食事にならざるを得ないような気がします。

 20代、30代の若い内はそれでも臓器がしっかりしていますから、それなりの健康を保てると思いますが、やがて40代、50代になったとき、そういった食事の積み重ねの影響がじわりじわりと出てくるような気もします。

 そうなると当然医療費が嵩むでしょうから、ますます家計が圧迫され、心理的にも辛い毎日になってしまいそうです。

 諸悪の根元がどこにあるのかは分かりませんが、極端な内部留保の積み重ねは、結果的に人材不足を招き、企業は自分で自分の首を絞めているような気もします。

 一番気の毒なのはパートや派遣で働いている人たちだろうな思っています。3月を目前にして鉄道の人身事故のニュースが多くなっているような気もします。気のせいだと良いのですが・・・。 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。