第864回 口腔アレルギー、平均寿命

 今日の新聞の片隅ですが、川崎の小学校で給食のキウイを食べた児童61人がアレルギー症状を起こした可能性があるとニュースが出ていました。

 キウイはアレルギーを起こしやすい果物の代表のようですが、我が家の息子も特定の果物や野菜で喉がイガイガすると言っています。

 具体的には、バナナ、パイナップル、キウイそしてモヤシだそうで、ネットで調べてみると共通して似たようなタンパク質を持っているそうです。また果物アレルギーを持っている人は、花粉症も同時に持っているようで、これも息子の例にあてはまります。 

 私自身は小さい頃から喘息とアトピーで苦しめられ、常に「お前はアレルギー体質だから・・・」と言われ続けてきましたので、食に対しては大きな関心を持って、なるべく良いものを食べようと家庭菜園で無農薬の野菜を作っています。

 しかし果物と肉類、魚介類は、家庭の努力ではどうにもなりません。結局違和感をもった食べ物をなるべく避けるようにするしかないのかなと思えますが、私自身は今の所、果物でのアレルギーを感じたことはないので、最初息子がバナナを食べると喉が痒くなると言ったとき、「ウソだろう!」と笑って相手にしませんでした。

 ところがそういった訴えを何回か聞き、さらにパイナップルやモヤシでも同様の症状が出ると言うので、これはもしかしたら本当にアレルギーなのかもと思い調べてみると、「口腔アレルギー」という立派な病名が付いていることが判明。

 以来我が家ではバナナを買っても私が食べるだけで、大好きなハワイに行っても、パイナップルは私だけが食べています。

 困るのは安くて家計を助けるモヤシを使った料理が作れないこと。たまに私自身が一人でモヤシ炒めを作って食べたりしていますが、一袋のモヤシは一人分としては多すぎます。

 それはそれとして、小さな子供さんのいる家庭で、子供さんが「これを食べたらなんだか喉がおかしい」と言ったら、笑い飛ばさないで真面目に考えないといけないようです。

 親が子どものアレルギー症状に敏感であれば、以前小学校でチーズの事故がありましたが、そういった事故のリスクも減り、今回のような給食でのアレルギー症状も減るのかなと思えます。

 それにしても大気が汚れ、水が汚れ、食べ物に食品添加物が使われ、さらに加工食品の普及の影響かどうか分かりませんが、アレルギー症状を抱える子供が増え、この先どうなるんだろうという不安を感じます。

 と言いながらも、今日の新聞には厚労省の平均寿命の表も出ていて、5年前より男女ともわずかに寿命が延びているそうですから、それはそれで医学の発達や健康への意識の高まりは喜ぶべき事なのではないかと思います。

 ただし私自身は平均寿命より、自立して生活できる健康寿命の行方を気にしています。ただ生きているだけではやはり辛い。やりたいことがやれる環境があってこその寿命だと思います。
関連記事


 

Pagetop

コメント

Re: 口腔アレルギーと花粉症
 埼玉県は夜半から強い風が吹き始めて、雨戸の音で眠りが浅くなりました。

 今日は息子の卒業式で、「まいったな」と思いつつ車で出かけましたが、学校には駐車場がないため
民間の駅前駐車場に入れ10数分歩きました。

 ちょうど正面からの風となり、マスクをしていましたが、目は痒くなるし、卒業式の会場に
入ってからも鼻水が止まらず参りました。

 果物アレルギーとか口腔アレルギーとか、以前はそんなもんあるのかなと思っていたのですが
息子の様子を見て実感。果物そのものが悪いと言うより、体の中の物質が勝手に反応してしまうのが
悪いのではと思っています。

 ただ本当に果物の成分なのか、果物を育てる上で使っている農薬や肥料、その後保管するために
使っている防腐剤等の影響も考えられますので、話はますますややこしいです。

 今日は道行く人の4分の1ぐらいはマスク着用でした。今年は花粉量も多そうなので、普段は
余り感じない私もかなり感じるように思えます。
  • 2013-03-02│15:37 |
  • maitai0404 URL│
  • [edit]
口腔アレルギーと花粉症
 今日はとても風が強く、花粉がかなり飛んでいるようで
マスクをしても 鼻が痒くてたまりません。

花粉症の人は、口腔アレルギーを発症しやすいと言われ、野菜や果物の中に 花粉に似たたんぱく質の成分があるため 身体が花粉と勘違いして、アレルギー反応がおこるそうで フルーツ野菜好きの私は吃驚です。
短期間に口、喉に症状がでるそうで、困りものですね。

花粉症と口腔アレルギーに関連する食物は結構あって

・ハンノキ、シラカンバ(りんご、もも、いちご、キウイ、メロン、オレンジなど)

・カモガヤ「イネ科」(メロン、すいか、オレンジ、キウイなど)

・ブタクサ(スイカ、メロン、バナナなど)
野菜もいれるとまだまだあります。 どれも、わたしの大好物です。
反応が出ないよう願うばかりです。
昨日から温かくなり、出かけるのが楽しい季節になりましたが、これから5月中旬くらいまでマスクが手放せなくなり、つらいです。
  • 2013-03-01│12:53 |
  • mangogo URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。