FC2ブログ
HOME   »  ★旅行  »  第870回 明日からバンコクに行ってきます

第870回 明日からバンコクに行ってきます

 突然ですが、明日から昨年末に続いてバンコクに行ってきますので、しばらく更新が滞るかもしれません。一応ミニPCを持っていくので書ける環境はあるのですが、書く時間がどうだろうと思っています。

 私自身は小さい頃から旅行が好きで、特に電車やバスと言った乗り物の車窓から外を眺めているのが大好きでした。

 窓の外を流れていく景色を見ていると、「こんなところこんな建物が」とか「山の形が良いなあ」「海の青さがめにしみるなあ」「あそこを歩いている人は何を目的にしているんだろう」と興味が尽きません。

 高校に入学後は夏休みに田舎が石川県だったので墓参りと祖父祖母に会いに、一人で電車に乗って出かけたりもしました。一人は心細い反面、時間が自由に使え、その気になれば自分の好きなことが出来るというのが最大の魅力ですね。

 高校から大学にかけては、ユースホステルの会員になって、日本中北海道から広島まであちこち行きました。北海道は東北新幹線も無かった頃ですから、途中東北のあちこちに宿泊しながらの旅行だったと思います。 (バックパッカーとかカニ族という言葉が流行った頃です)

 就職後は車の免許を取りましたので、ドライブと旅行と釣りを兼ねて、これまた日本中を走り回りました。

 さらに結婚を機にハワイ旅行に目覚め、ハワイで培ったブロークンな中学英語を駆使して、最近はバンコクの一人旅を楽しむようになっています。

 旅の魅力は新しい体験と新しい価値観だと思っていますが、これが肉体的にも良い影響を与え、ストレスを解消してくれると思っています。

 旅行に行こう、あそこに行こう、と決めた瞬間からのワクワク感は、それだけで免疫力を活性化させてくれるように思います。

 旅行中は慣れないことをするため肉体的にはかなり疲れますが、精神的な高揚感もあり、意外に疲れは感じません。(帰ってからどっと疲れると言うことはありますが)

 歩く距離も日常生活に較べるとぐ~ンと増え、興味半分であちこち動き回っているだけでかなりの運動になります。

 実は旅行先であちこち動き回れるように、普段からウォーキングを楽しんでいると言っても過言ではないと思います。

 旅行に行くくらいならそのお金を貯金したらどうだ、という意見もあると思いますが、貯金したお金は、単に数字が増えていくだけであって、よほどのことがない限りそれだけで充足感が得られるようには思えません。

 お金はもちろんあるに越したことはありませんが、体が動かなくなって旅行に行けなくなってからでは遅すぎます。行けるときに行く。使えるときに使う。資産を子どもに残すことも大事ですが、元々の資産は自分で稼いだものですから、ストレスを解消し健康を維持するためにも旅行は必要だなと感じています。
 
関連記事
Comment
Re: 楽しいご旅行を
 ハワイ関連のトロリーのチケットですが、交通手段のページは変更済みです。ただもしかしたらご指摘のページと違う部分だったのかもしれません。ページ数が増えているので、どこにどんなことを書いているのか自分でも探すのが大変な状態です。もしこのページというのがリンク等で分かれば教えていただければ幸いです。

 バンコクは暑いです。昼間は35度です。ただ花粉はありません。排気ガスはあります。ベストの自然環境はやはりハワイが一番みたいです。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。