FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第875回 ビフィズス菌とはどんな細菌?

第875回 ビフィズス菌とはどんな細菌?

 昨日の腸内細菌のバランスを整えるための4つの条件を見ていると、これまたこれまでこのブログで書いてきた、バランスの良い食事、運動というのが如何に大事なのかと言うことを再度確認することになったなと思っています。

 後はこれにストレス解消や充分な睡眠を加えれば、誰もが推奨する健康的な生活を維持する方法になります。

 そしてそれらの4つの条件、①栄養、②運動、③睡眠、④ストレス解消は、現在一般的に病気と言われているものに対する、最も根源的な予防法であるとも言えそうです。

 それはそれとして、昨日よく知らないと書いたビフィズス菌です。これについて少し調べてみました。例によってウィキペディアの記載を参考にさせてもらいます。

 説明は専門的な用語が多いのですが、その中で人間の健康にとって重要だと思われる部分を箇条書きにしてみると

① すべての動物の腸内に生息
② 人間の腸内には5種類のビフィズス菌が生息している
③ 細菌の形がVまたはYの字の形なので、「二叉」をあらわす「ビフィズス」という名前が付いた
④ 糖を分解して乳酸、酢酸を作る
⑤ 善玉菌として腸内の環境を整える
⑥ 花粉症やアレルギーの緩和にも貢献している
 
ということです。①から③までは、まあそんなもんかなと納得できますが、④あたりはちょっと有機化学の知識が必要ですね。

 そもそもこれらの細菌類は腸内に住んでいます。腸内の環境がどうなっているのか詳しくは知りませんが、口から胃、十二指腸、小腸と続くに従って、いわゆる空気は徐々に減り、ドロドロになったペースト状の食べ物が腸に送り込まれるわけですから、小腸内の酸素はかなり少ないことが予想されます。

 そうすると小腸内に住んでいる腸内細菌は、酸素を使わない化学反応により、これらのペースト状の栄養物を分解していくことになります。これを発酵と言います。この時出来上がる物質によって、その発酵を乳酸発酵とか酢酸発酵と呼ぶわけですが、ビフィズス菌はこういった発酵を行っていると言うことです。

 ちなみに発酵を利用した食品としては、酵母菌のパン、乳酸菌の乳酸飲料、酢酸菌の酢酸製造(お酢の事です)等がありますが、これ以外に腐敗した食べ物に大腸菌等が繁殖すると、分解過程において悪臭のガスを生じます。

 このガスが「おなら」になるわけで、変な食べ物を食べて下痢をしたときなどガスが多くなりますが、これは通常の発酵とは違う反応が活発に起きていると言うことになります。

 この辺りまでがいわゆるビフィズス菌の基本知識ですが、それが何故腸内の環境を整えるのか、何故アレルギーを緩和するのか、これについて明日以降また調べてみたいと思います。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。