FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第898回 血圧が上がる理由を分析する

第898回 血圧が上がる理由を分析する

 中国の鳥インフルエンザの拡大が止まる様子を見せません。最初は一桁だったのが、いつの間にか10人を越し、さらに20人、30人となり、今は40人(感染者38人、亡くなられた方10人)に迫っています。亡くなられた方も増え続けています。

 中国当局も今回はかなり手早く事態の収拾に努めているように見えますが、鳥に対しては低毒性、人間に対しては強毒性という分析結果を聞くと、気管支の弱い私は不安になります。

 今の所人から人への感染はなさそうなので、飛行機等で感染が拡大することは無いと思いますが、現地ではペットの鳥の殺処分を恐れて地方に送るなんてことが行われているようですから、今後思わぬところに飛び火するかもしれません。

 一方かなり苦しめられた花粉ですが、関東地方は今月いっぱいで飛散終了という見通しが出たようです。私自身は最近余り鼻水等の症状は出ていませんでしたが、息子は激しく感じると言い、度重なる咳払いで喉も少し炎症を起こしているみたいです。

 私自身の喉の腫れも、もしかしたらアレルギー性鼻炎で鼻が詰まっている分、花粉が直接喉に作用して、その部分が炎症を起こして腫れぼったくなっているのかなと言う気もします。

 5月を過ぎて今感じている症状が軽くなるようなら、私のこの考えが正しい事になるのかなと思っています。ちなみに最近主に飛散しているのはヒノキ花粉だそうです。

 さて血圧ですが、血液は心臓から大動脈を経て毛細血管に入り、再び静脈を通って心臓に戻ってきます。この時、たまたま腕の関節部分には、動脈が脈打つ部分があるので、これを目安にして血圧すなわち血管の内部から外側に加えられている圧力を測定しているわけです。

 と言うことから、血圧を生じさせている条件を考えてみました。

① 心臓の拍動の強さ
 ドクンドクンと血液を押し出す力が強ければ、血圧は上がります。

② 血液の粘度
 いわゆるドロドロ血液とかサラサラ血液とか言われているものですが、要するに血液の流れやすさだと思います。当然コレステロールや糖分を多量に含んでいる場合は、イメージですがネットリとした血液になって流れにくくなるので、血圧が上がります。

③ 血球の柔軟性
 毛細血管はひじょうに細い血管で、その直径は赤血球の直径よりも細いと言われています。そこを赤血球は、そのドーナッツ状の体を折り曲げて通過します。

 この折れ曲がる柔軟性が少ないと、赤血球は毛細血管の中を通りにくくなり、流れが悪くなります。それが全身で起これば、末端の血液が流れなくなりますから、それを無理矢理流そうとして、血液を流す力である血圧を上げざるを得ない、と言うことになります。

④ 血管の柔軟性
 拍動と共に、血管そのものが若干膨張し、拍動の衝撃を和らげつつ、血液を送り出していきます。この血管の柔軟性が失われると、水道管に一気に水を流そうとするようなことになり、上の血圧が上がります。

 これがもし薄い伸縮自在のゴムなら衝撃を和らげることが出来るので、上の血圧が下がります。高齢者が動脈硬化によって血圧が上がってしまう原因だと思っています。

 以下長くなったので明日に回します。 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。