FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第913回 今年の春先の体調不良の原因を総括すると

第913回 今年の春先の体調不良の原因を総括すると

 今年は寒かった割に、室内でのラジオ体操やスクワットが効を奏したのか、高血圧によるのぼせや首筋のこわばり、動悸といった症状からは解放されました。

 一方2月ぐらいから花粉症(主たる症状は鼻水)を感じると共に、喉の腫れを意識。これについては最終的に迷いに迷って近所の耳鼻咽喉科を受診。

 心配性の私は、病気に関してつい悪い方に考えてしまうので、診断結果が予想もしないような重病の兆候だったらどうしようと先走って考えたり、いやいやこの程度の軽い症状で医者に行くのはみっともないぞと考えたりで、なかなか受診の決断が出来ませんでした。

 結果ですが、生まれて始めて鼻内視鏡なるものを経験。意外に簡単に検査が出来るもんだなと言うことに驚くと共に、結果もどうやらアレルギー性の鼻炎から生じているものらしく、ポリープ等の兆候は見られないという医師の言葉に安堵。

 喉の腫れはこれで一件落着。腫れを感じても、それほど深刻に考える必要がないことが分かり、気にならなくなりました。

 一方3月ぐらいからは、マスクをせずにウォーキングをすると、歩いている最中に喘息特有の若干の息苦しさを感じることがあり、空気の状態が良くないんだと言うこともなんとなく感じていました。
 
 さらに、4月に入ってからは胃腸機能が低下し、お腹の調子がいまいちだなあという時期が続きました。これも心配性の私は単なる食あたりや胃炎と言うようには考えられず、胃潰瘍や場合によっては胃ガン、更には腸閉塞や大腸ガンといった病名が頭をよぎり、次から次へと心配の種は尽きないもんだと自分ながらに若干呆れもしましたが、やはり心配は心配です。

 結局いつもの無愛想なかかりつけの医師に症状を話してみると、聴診器での診療と、腹の触診によりたいしたことはないと判断され、通常の整腸剤を渡されました。

 薬を3日ほど服用したところ、1週間ぐらい続いていた胃腸の違和感が徐々に収まってきたので、やはり単なる胃腸炎だったのかなあと今は判断していますが、日頃から食べ物にはかなり気をつけているので胃腸炎になった理由が思い当たりません。

 ただ2月からの様々な違和感を思い出してみると、この原因は花粉やPM2.5の影響であると考えると、すべて辻褄が合うような気もしてきました。

 つまり花粉やPM2.5が鼻の粘膜に付着すれば鼻水、口呼吸で喉頭に付着すれば、喉の違和感、気管に入れば喘息症状、胃腸に入れば胃腸炎、と考えると不調の原因をすべて納得できます。

 しかも例年は、これほどまでに違和感が続くことはないので、今年だけの症状と考えると、やはりPM2.5の影響が大きいと判断せざるを得ません。

 振り返ってみると、私が喘息を発症したのも、ちょうど日本中で大気汚染が激しくなりだした頃で、三重県の四日市喘息は、喘息の公害事件としてかなり有名になりました。私の喘息症状が激しかった頃も同じ時期で(場所は東京ですが)、その意味ではこういったPM2.5に代表されるような物質へのアレルギー反応が、私の体内では、いまだに鋭敏であるという事なのかなと思っています。

 そういった患者が存在すると言うことも含めて、PM2.5の汚染状況は、70μg/m3の警告ではなく、やはり35μg/m3を越した時点で、きちんとニュースにしてもらいたいなと感じます。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。