FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第914回 健康寿命を平均寿命に近づける方法

第914回 健康寿命を平均寿命に近づける方法

 昨日はゴールデンウイーク中だったので、更新を1回お休みしました。

 今日の毎日新聞朝刊に「鎌田貢」さんが「健康寿命を伸ばす「住民力」」という記事を書かれています。読んでいて「なるほどな」と思えることが多いので、感想も含めて紹介したいと思います。

 内容は都道府県別の平均寿命についてですが、現在長寿で有名な長野県は、実は1960年代は脳卒中の死亡率が全国1位だったそうです。

 そこでその状況を改善するために

① 塩分を減らす
② 野菜をたくさん食べる
③ キノコ、海草、コンニャクを食べる
④ 魚、エゴマ、クルミを食べ、オメガ3系と呼ばれる油をとる
⑤ 運動をする

ということを提言し、各地で講演会を行ったそうです。実際には講演会の話は分かってもらえたものの、それがなかなか行動に結びつかないという経緯があったようですが、数年を経て徐々に生活様式が変わり、現在は長野県の野菜の摂取量は全国1位だそうです。

 その結果、動脈硬化が起きにくくなり、ガンの原因となるフリーラジカルの働きを抑制するそうです。(効能のよく分からない健康食品より、野菜の摂取の方が良いということだと思います)

 また軽い運動が免疫に関係するNK細胞を活性化することも分かっているようで、要するに上記5項目が血管を丈夫にして免疫力を高める作用があったということです。その結果現在長野県がはガンの死亡率も全国トップレベルで低いそうです。

 さらに、最近私も気にしている健康寿命が男女ともに全国1位だそうです。データですが男性の健康寿命は79.46歳で平均寿命が80.88歳。jこせいは84.04歳と87.18歳。

 注目すべきは男性の値で、いわゆる不健康で他人の世話にならなければいけない期間がほとんどない、ということです。これはある意味人生のもっとも良い終わり方ですね。

 ①の塩分を減らすという事については、「摂りすぎの」という語句が入るような気もしますが、それ以外については、普段からちょっと意識すれば誰でもが気軽に出来そうなことです。

 というわけで、今日もこれから家庭菜園で除草です。今日の夕食は勝手に自生しているアスパラのサラダと、春キャベツの炒め物の予定です。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。