FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第919回 咀嚼力について調べたら歯周病に行きつきました

第919回 咀嚼力について調べたら歯周病に行きつきました

 規則正しい生活、適度な運動、充分な睡眠時間、目標を持った生活、悪い意味でのストレスのない生活が実現できるだけで、健康な生活を維持できそうな気がしますが、さらにそれをもう1歩すすめると、やはり食べ物の影響も大きいかなと思います。

 世に言うバランスの良い食事、3食をきちんと食べる、適度な食事量、暴飲暴食は避ける等が重要かなと思っていますが、最近は腸内バランスが大事ということもよく聞きます。

 なるほどなあと思っているのですが、腸内バランスを整えるためには、その前段階である胃の働きや、更に食べ物の入り口である口や食道のはたらきも大事なんだろうなと考えていたところ、そういえば人間の「咀嚼力」はいつ頃から衰えるんだろうかと気になり始めました。

 そう思って調べてみると、健康寿命を伸ばすためには咀嚼力の低下を防ぐことが重要であると指摘しているページがありました。

 しかし具体的に咀嚼力というのが何歳ぐらいから衰えて、その影響はどのように現れるのかと言うことは調べたことがありません。そこで先ずこの辺りから調べてみることにしました。

 すると先ず咀嚼力の低下の原因の第一番目は「歯を失うこと」だそうです。さらに歯を失う原因は「むし歯」と「歯周病」だそうで、これらはどちらも細菌の感染が原因だそうです。「う~ん、歯の表面や歯茎に細菌がいっぱいくっついているのか。余り良い気持ちはしないな」と思えますが、それが咀嚼力低下の主因なら、もう少し真剣に考えないといけないなと思うようになりました。

 そこでこの二つを予防するためにはということになるわけですが、むし歯は比較的気がつきやすいのですが、歯周病はあまり気がつかないので、こちらから調べてみました。

 先ず症状ですが、典型的なチェック項目は、

① 歯磨きなどで歯茎からの出血すること
② 口臭
③ 口の中が粘つく
④ 歯茎が腫れている、または色が赤っぽい
⑤ 固い物を噛むと痛い、歯がグラグラする
⑥ 歯茎が下がって、歯が長く見える
⑦ 歯の隙間が増えた

等だそうです。私にはまだそれほど該当しないので安心していますが、小さい頃むし歯が多く、入れ歯やブリッジがあるので気をつけないといけないなと感じています。

 ただ歯周病による口臭はかなりきつい臭いだと書かれていますが、軽い症状の場合はどうやって確認すればいいのか?調べてみると確認する方法を解説しているページもありました。

① コップに息を吹き込んで、一呼吸してから臭いを嗅ぐ
② マスクをした状態で、息を大きく吐き、その息を鼻で吸う

といった方法があるみたいです。(続きます) 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。