FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第920回 1泊2日で福島県いわき市へ

第920回 1泊2日で福島県いわき市へ

 2日間お休みをしました。1泊2日で福島県のいわき市に行ってきたためです。目的は観光と震災の爪痕を確認すること。震災からはすでに2年以上が経過していますが、現地に近づくに連れ、生々しい痕跡があらわれ、胸が痛みました。

 健康寿命がどうたらこうたら、という話をこのブログで書いていますが、地震による災害は、健康であろうがなかろうが、、それこそあっと言う間に命が失われてしまうんだなということをあらためて感じました。津波は地震の揺れ以上に恐ろしいことも良く分かった旅行でした。

 それにしてもコンクリートの土台だけが延々と連なる様子は、何とも言い難い悲しみを誘います。その土台の上に建てられていた家の中で多数の人が暮らしていたと考えると、それだけで胸に迫るものがあります。

 健康を維持することはもちろん大事ですが、日本という地震国では、災害教育をきちんとしなければいけないんだなと言うことがよく分かりました。

 一方、いわき市近郊の空間放射線量は0.15(μSV/h)であり、埼玉の3倍でした。日常的に危険性はないと思われるレベルですが、ホットスポットの存在や、子ども達がそういった環境でこれから何十年も暮らしていかなくてはいけないと考えると、保護者の不安は大きいだろうなと思います。

 2年以上経過した今でも、家は土台だけ、空間には徐線しているとはいえ、本来存在しない人工的な放射線が飛び交っています。

 政府の要人の中で現地を視察した人が何人いるのかは分かりませんが、現状を見たら、迂闊に原発再稼働とは口に出せないような気もします。

 最近は円安による株高もあり、世の中は好景気への高揚感があるみたいですが、福島の実態はまだまだだろうなと思わざるを得ません。

 健康寿命とは、衣食住の三つがきちんと足りた上で成り立つものであるということをあらためて実感しました。

 というわけで歯周病予防について今日はまとめるつもりだったのですが、それは明日以降に回そうと思います。旅行のインパクトが大きすぎて、今日はまだ書く気になれませn。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。