FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第931回 暖かくなり血圧が下がってきました

第931回 暖かくなり血圧が下がってきました

 暖かくなってきたと同時に血圧も下がってきたようです。なんとなく体がだるいときがあるなと思いつつ、一ヶ月ごとの薬をもらいにいつもの診療所で血圧を測ると、112/62。

 だるいのはもしかしたらアルコールの飲み過ぎで肝臓がへたばってきたのか、それとも気温の差が激しいことによる自律神経の乱れなのかと思っていましたが、どうやら血圧の低下にあるようです。

 いつもは上が120~130で下が75~85ぐらいですから、私にしてはかなり低い。医者もちょっと驚いて測定し直してこの数字です。

 なるほど体がだるかったのはそのせいかと納得。確かにここのところ家庭菜園の世話で、鎌で除草をして立ち上がると「クラッとする」いわゆる立ちくらみの症状を感じていました。

 この症状が出てくると血圧が下がっていることが多いです。昨年もこの症状を目安にして、薬の量を自分で勝手に減らしました。

 その事を思い出して、今記録を確認すると、昨年は4月29日に減らしていました。今年は5月17日ですから、ちょっと遅いです。降圧剤のディオバン80mgを、包丁で無理矢理割って60mgにしています。

 自分で勝手に用量を変えてはいけないというのが降圧剤の掟?みたいですが、20年も飲み続けていれば、さすがに自分の現状はだいたい分かりますので、この程度の変更は許されるかなと思っています。

 本来的には飲まないに越したことは無いと思い、その昔何回か服用中止にチャレンジしたこともありますが、結局首が強ばってきたり、のぼせのような症状が出たり、動悸を感じたりして、やはり勝手な中断は良くないと思い、今は中断そのものは諦めています。

 ただ運動や食事の改善によって、これ以上高くならないようにとは願っています。特に暖かくなるこれからの時期は、1年の中でもっとも体調が良くなる時期で、体の面からも楽しい時期です。

 薬は飲まずに健康食品や漢方薬を使うという手段もありますが、最も効率的かつ金銭的に安く下げる方法は、やはり月一回の通院だなというのが私の結論です。

 なお逆に寒くなる時期は、高血圧患者にとっては辛い時期で、昨年は11月の始めに服用量を元の1錠に戻していました。今年はどうなるか?半年ぐらいは4分の3錠でいけそうです。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。