FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第934回 口から胃までの健康を考えて得た結論

第934回 口から胃までの健康を考えて得た結論

 喉を通過した食べ物は食道に入ります。改めて食道について調べていますが、この長さは25cmぐらいあるそうです。親指と小指を目一杯拡げたよりも少しだけ長い感じです。

 実際喉のあたりに親指を持ってきて、小指がどのあたりに来るかを調べてみると、ちょうどみぞおちのちょっと上あたりに来ますので、みぞおちの裏側が食道と胃の境界かなと思えます。

 食道の主な働きは、食物を胃に送ると言うことですが、それは蠕動(ぜんどう)運動によって行われます。柔らかいゴムホースを順に絞ってものを奧に送り込むということだと思います。

 蠕動運動は不随意、すなわち自分では意識せずに体が勝手に反応する運動です。面白いことに逆立ちしてものを飲み込んでも、きちんと胃におくられると一般に説明されていますが、試したことはありません。

 といういわけで、この先は胃の入り口である「噴門」にたどり着くわけですが、この先は様々な病名がわんさと出てくるので、この辺りでいったん食べ物と健康寿命に関する話を終わりにしたいと思います。

 一連の話の中で、結局私なりにたどり着いた結論は、昨日のページの最後に書いた内容で、要するにバランスの良い食事、充分な睡眠、適度な運動、ストレス解消が、体調を整え、それによって体内の恒常性が維持され、健康寿命を伸ばす元になるということでしょうか。

 それ以外では、歯の健康には気をつけないといけないなと思いました。きりが良いので今日はここまでで終了です。

 



  
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。