第942回 遺伝子組み換え小麦が通常の小麦に混入

 今日の朝刊に「米で遺伝子組み換え小麦」が見つかったというニュースが出ていました。米政府は遺伝子組み換え小麦を現時点で認可していません。

 見つかった経緯はオレゴン州の農家で小麦畑に除草剤を撒いたところ、枯れない小麦があり、州立大学に検査を依頼した結果、除草剤に強い遺伝子組み換え小麦だったことが分かったというものです。

 遺伝子組み換え小麦は米のモンサント社という会社が1998年から2005年にかけて試験栽培をしていたそうですが、その後理由は不明ですが開発中止

 開発が中止になれば、当然その小麦も焼却されるはずですが、何故か一般の小麦畑の中に混じって見つかったと言うことで、かなり大きな問題であるような気がします。

 ということは、この畑だけでなく、他の畑でもそのような種類の小麦が混ざっている可能性があり、それが輸出され食用に回されていないかどうかが気になるところです。

 日本は米国から小麦を年間300万トン輸入しているとのことですから、もし一般の小麦に紛れ込んでいるなんて事が分かったら、害があるかどうかは別にして、間違いなく小麦への心象は悪くなると思われます。

 それにしても不思議なのは、除草剤が効かないような小麦が開発されたのならば、それはメーカーにとって諸手を挙げて歓迎すべき作物になったような気がしますが、それが何故製造中止になったのか

 当然収穫された小麦を動物実験で試していると思うのですが、その際にもし何らかの影響が動物に出たので製造中止になったということであれば、これは大問題ですね。(あくまで仮定の話です)

 問題点がいくつもありそうなので整理すると

① 製造中止になった理由
② それが一般の畑で成長していた理由
③ この農家以外でそういった小麦が生長しているのかどうか
④ そういった怪しい小麦が輸出されたか
⑤ 日本はそれを輸入したか
⑥ 輸入したとしたら、どんな食品に混じっているのか
⑦ それらを恒常的に食べ続けたら人体に影響があるのかどうか
 
 問題点はいろいろと考えられますが、ともかく怖いのは、試験栽培をしていたような遺伝子組み換え植物が、いつの間にか通常の植物に紛れ込み、さらにそれらが食卓に上るようになったとき、どんな影響が出るかは、現段階ではまったく未知数だと言うことです。

 私は豆腐を買うときも、「遺伝子組み換えでない大豆」という表記に注目していますが、通常の食品に混ざってしまったら、こういった表記も意味をなさなくなります。怖いニュースだなと思います。
関連記事


 

Pagetop

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
  • 2013-06-15│11:28 |
  • 履歴書の住所 URL
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。